【ケアプロスト】まとめ買いで最大1本600円代で購入できる通販

ケアプロスト 通販

 

安心・信頼の個人輸入代行業者《オオサカ堂》


全商品100%正規品の優良業者で、個人輸入代行としては老舗のショップです
全国送料無料で、プライバシーの保護もしっかり行われているから安心です
まとめ買いでお得になるシステムで、会員登録や商品購入でポイントももらえます

 

ケアプロスト1本+アプリケーター=1,690円〜

 

>>ケアプロスト+アプリケータの購入はこちら<<

 

 

 

 

>>まつ毛育毛剤を比較したい方はこちら<<

 

 

 

100%正規品保障・100%配達保障の個人輸入《ベストケンコー》

 

 

 

〇アジア最大級の品揃えを誇る個人輸入代行のショップです
〇薬剤師が品質管理を行っており、分析なども行っているため安心です
〇送料・手数料・消費税は一切かからないのでお得に購入できます

 

ケアプロスト1本(3ml)=最安1,418円〜

 

 

≫ケアプロスト1本(3ml)の購入はこちら≪

 

 

まつ毛の毛髪周期

私たち人間や動物には体毛があり、それぞれに生え変わりのサイクルがあります。
このサイクルのことを毛周期と呼んでいます。
毛周期には毛がつくられて、生えて成長し、成長を終え抜け落ちて、そしてまた毛が生えてくるという流れです。
からだの中のあらゆる毛に毛周期があり、まつ毛についても他の部位同様に毛周期があります。
まつ毛の毛周期は、短い人であれば1ヶ月、長い人であれば3ヶ月ほどで生え変わります。
これに対して髪の毛は3年から6年もあるため、まつ毛は毛周期が短く、ある程度まで伸びたら抜け落ちてしまいます。
抜けたまつ毛の後はまた新しいまつ毛が生えてくるといった状態です。

 

しかし、まつ毛にダメージを与えてしまうと成長の途中であっても抜け落ちてしまうことが少なくありません。
そこで最近ではまつ毛美容液や育毛剤を使ってまつ毛ケアを行う人もいます。
また、まつ毛の毛周期は一本一本ずれているので、生え変わりの一定期間まつ毛が全くない!ということにはならないので安心してくださいね。

まつ毛美容液とまつげ育毛剤の違い

まつ毛美容液まつ毛育毛剤にはあまり違いがないと思われがちですが、実は効果の違いがあります。

 

まずまつ毛美容液ですが、これはまつ毛を濃く長くしたり、傷んだまつ毛にハリやコシ・栄養を与える成分が含まれているものです。
つまり、今あるまつ毛を抜けにくく丈夫にするというものです。

 

そしてまつげ育毛剤ですが、これは元々は医療現場から生まれたもので、まつ毛に関する悩みを解消するために作られたものです。
ビマトプロスという成分が配合されており、まつ毛の育毛を促し量を増やすものです。

 

今あるまつ毛のダメージを補修して抜けにくくしたい場合はまつ毛美容液を、まつ毛を太く・濃く・長く、増やしたい(育てたい)という場合はまつ毛育毛剤を、という風に、自分のまつ毛の状態を知った上で、目的に応じて選びましょう。

ケアプロスト関連

月に1回のペースで銀座にあるマツエクサロン「メイフェアリー」に通い、マツエクをしてもらっています。

 

そこでは施術の前後に写真を撮り、生え変わりの様子やまつげの状態をカルテとして管理しているので、マツエクを長持ちさせる方法だけでなく都度「どこが毛が少なくなっているか」「クセがあるか」などアドバイスがもらえます。私の場合は、長さはありますが毛の周期的に生えムラがあるのと、クセがあることがわかりました。

 

自宅では、夜寝る前&朝の洗顔後に育毛成分のあるまつげ美容液をつけたり。
メイクの時にマツエクサロンで購入した美容液入りのコーティングをつけて、マツエクが自まつげに馴染み、束感が出るようにしています。

 

マツエクサロンのスタッフさんに「目をこすらない」「メイクオフの時に力を入れない」「お風呂上がりにドライヤーの冷風でまつげを乾かす」「うつぶせに寝ない」とマツエク&まつげに優しいと教えてもらったので(花粉の時期は「こすらない」が難しいですが)気をつけています。

 

マツエクをしていると、少し目に自信が持て、人の目を見て話せるようになった気がします。
まつげのケアということですが、まずは、まつげに負担をかけるマスカラやビューラーをあまり 使用しないことを心がけています。

 

ただ、最近ルミガンのジェネリック薬のケアプロストというまつげ育毛剤の存在を知ってしまいました。
正直、マツエクより値段が安い、
しかも、マツエクをしているがために、まつ毛美容液を使用しているのですから、その値段はメンテナンスまで考えるとものすごく高い。

 

ちなみにケアプロストは1本購入しても1600円程度、それってマツエクの片目分より安いじゃん!!
ということで、かなりケアプロスト気になってます。

 

ただ、ケアプリロストを塗るとなると、マツエクはやめないといけないのかしら?
自まつ毛が育つまではマツエクとケアプロストの両刀使いでやりたいなーと思っているので、ケアプロストのこともう少し調べてみないといけないなー

 

ただ、自まつ毛だとメイク落とし1つにしてもめんどくさくなさそうで、だってキレイにアイメイクを落とせはいいだけなんだから

 

ものすごーくきになるケアプロスト!!

 

 

まつ毛が薄くなることにやはり弄り回さないのが一番重要でしょう。
年齢を重ねると頭皮もそうですが、まつ毛も抜けやすくなります。

 

できるだけ自然なまつ毛で過ごすことが一番のケアですが、それだけでは

 

ものたりないので、まつ毛用美容液などを使ってケアをしています。一つは某化粧品会社のまつ毛美容液。

 

伸びが早い、というのと増える、という口コミだったので使ってみました。増えるということに関しては

 

若干疑問が残りましたが、伸びが早い、という点では目に見えての効果があったと思います。

 

もう一つは、とある目の病気に対する点眼薬がまつ毛に効くという口コミを聞き、そちらを

 

たまに塗ったりしています。

 

実はこれ、ルミガンなんですよね。
ルミガンはもともとまつ毛育毛剤ではなく、緑内障用の目薬だったらしいんだけど、臨床試験で緑内障の効果は今いちだったかわりにまつ毛が生えてきたーということで
ルミガンは商品化されたものの、別の理由で売れまくったとか・・・
もともと目薬のルミガンだからこそ、使用方法通りに使用していて少量が目の中にルミガンが入っても問題はないとされているんで安全性の高いまつ毛育毛剤なんです。
しかも、ルミガンは本当に効果があって、下まつ毛もワッサワサ生えてきたという口コミが多数あるんでリピート率も高い商品になっているようです。

 

しかし、ルミガンは、一応病気のための点眼薬ということでルミガンの販売元はまつげ育毛剤として使うのことはオススメしてはいけないのかもしれません。

 

なぜならルミガンに入っている物質を使ったまつ毛育毛剤を発売していますから、しかも、非常に高額で。。
中身はほとんど同じと言われていますが、販売元は そちらを使うことを推奨していますが、消費者としはルミガンでいいんじゃないか?と思いますが・・・。

 

多くの女性にとって目元というのは大切な部位ですが、その中でも相手に与える印象をガラリと変えてしまうのがまつ毛です。
貧相なまつ毛は顔全体を貧相にしかねないので要注意です。
逆にまつ毛がゴージャスだと目が大きく見えて目力や女性的魅力もアップします。

 

そのためか、マスカラの種類はどれを選ぶべきが迷うほど多機能の多種類でています。
最近では、育毛シャンプースカルプDがまつ毛美容液を発売したところ品薄になるほど売れているとか、まさにまつ毛ブーム到来です。

 

ただ、まつ毛のケアだけでなく、まつ毛を支えている目の周りの皮膚にも気を使うことでまつ毛力がUPします。
目の周りを優しくマッサージしたり、蒸しタオルなどで温め目の周りの血行促進ケアはまつ毛の毛母細胞に十分な栄養を送り込むことができるのでまつ毛の成長を促進するためにも効果があります。